京都水族館のケープペンギン、
赤ちゃんのライブ中継と公開体重測定を開始!
※ このイベントは2015年2月28日に終了しました

※この記事は10分くらいで読めます公開日:2015年01月09日
更新日:2014年02月28日

京都水族館のペンギンゾーン

 2015年1月9日から京都水族館のペンギンゾーン1階で、ケープペンギンの赤ちゃんのライブ中継が始まりました。
昨年12月に孵化したばかりの、まだまだ小さな赤ちゃんの様子をリアルタイムで見られる嬉しいイベントで、2月28日まで毎日開催されています(^^

ケープペンギンの赤ちゃんのライブ中継

ペンギンゾーンに設置されたライブ中継機器

孵化までのダイジェストも上映

 ペンギンゾーン1階には、このようにモニターが2つ設置されています。
左のモニターでは卵から孵化して育てるまでの数分のダイジェストが常時上映されており、もう1つの大型モニターでは今の赤ちゃんの様子が映し出されます。

ペンギンの赤ちゃんのライブ中継

 こちらはダイジェストが流れているモニターです。
ケープペンギンは親鳥が交互に卵を温めることや、孵化した赤ちゃんがピーピーと小さな声で鳴くこと、赤ちゃんは巣箱の中で親鳥が育てる様子などが分かります。

ペンギンの赤ちゃんのライブ中継

赤ちゃんの今の様子が見える

 大型のモニターでライブ中継されているのは、男の子ペンギンの『にし』と女の子ペンギンの『ごじょう』の巣箱です。
普段は親ペンギンに隠れて見えにくい赤ちゃんですが、この大きなモニターだとしばらく待っているとよく見えるかもしれないですね(^^

ケープペンギンの赤ちゃんの公開体重測定

ペンギンの赤ちゃんの公開体重測定の様子

初日はテレビ局の人たちも

 こちらの写真は公開初日の1月9日の様子です。
テレビ局の人たちがいたので、京都水族館の話題性の高さがうかがえます。
そっと持ち物を見てみると「大阪テレビ」と書いていました(^^

ペンギンの赤ちゃんの公開体重測定の様子

 午前11時になると、このように飼育員さんが発泡スチロールの入れ物に赤ちゃんペンギンを2羽運んできてくれます。

飼育員さんに運ばれるペンギンの赤ちゃん

目の前で赤ちゃんが見える

 体重測定は、いつものアクリル板の前で行われるため、私たちのすぐ目の前で見られます。
ただ、この場所(通路)はそれほと広さがないため、見られるのは10人前後が限界かなと思います(^^;
体重測定が月・水・金曜に限定されているのは、休みの日だと人が多すぎるので厳しいからかもしれないですね。

体重計に乗るペンギンの赤ちゃん

 さて気になる初日の体重は・・・573g!
想像していたよりしっかりしているんですね。
両手で持っても手の平からこぼれ落ちそうなくらいの大きさです。

飼育日記の掲示板

飼育日記の掲示板も

 ペンギンゾーンには、新たにこのような飼育日記の掲示板も設置されました。
体重測定の写真と体重が記載されていますので、ぜひ見て下さいね(^^
公開体重測定とライブ中継、どちらも2015年2月28日まで開催中です。

サブコンテンツ