京都水族館に恐竜がやって来る

※この記事は3分くらいで読めます公開日:2014年11月22日
更新日:2014年11月22日

京都水族館の恐竜展

 京都水族館では2014年7月19日から2014年9月24日まで「恐竜がやって来る!」として恐竜展を開催しています。本やテレビの世界でしか見たことがない恐竜に、小さい子は大喜びです。うちの真ん中の子も興味津々でずっと見ていました(^^
 恐竜展は水族館のチケット(パスポート)で入場した後は、追加の費用はかからずに見ることが出来ますので、お見逃しなく。

世界三大恐竜博物館の『福井県立恐竜博物館』の協力で再現

トゥオジャンゴサウルス

トゥオジャンゴサウルス

 この恐竜は中国の四川省が産地のトゥオジャンゴサウルスです。四足歩行の大きな体なのに草食動物なんですね。体のトゲトゲからスーパーマリオブラザーズの『トゲゾー』を連想させます。トゲは首から尾にかけて17対あり、34本にもなります(^^;

フクイサウルス・テトリエンシス

 もう1頭の大きい恐竜はフクイサウルス・テトリエンシスで、かつて日本にいた草食恐竜です。トカゲを5mくらいに巨大化した感じですね(^^;
 日本初の日本固有種かつ全身骨格が見つかった恐竜の化石だそうです。
 普段見ることが出来ない貴重な恐竜の骨格が見られて、子どもだけではなく、大人もとても楽しいイベントでした。またぜひ開催して欲しいです。

サブコンテンツ