2015年4月18日の京都水族館

夕方の京都水族館

 京都水族館に訪れた際などの記録を残して行こうかなと思い、1回目の日記になります(^^;
4月は仕事やプライベートもバタバタでしたが、約1か月ぶりに京都水族館に家族で行くことが出来ました(^^
4月18日は土曜日でしたが、夕方の5時ごろに行ったこともあり人も少なくて、とても快適です。

イルカショー

 今日の一番の楽しみは「イルカLIVE聞いて音(ネ)」です。
2015年4月で1周年になるのに伴いパワーアップしたと、京都水族館のホームページで告知があったんです。
最後の午後5時からのLIVEに間に合い、幸運にも前から3列目の席が空いていました。経験上、3列目はほとんど水がかかることがありませんので早速座ります。
LIVEの内容は大きく変わっているわけではありませんが、ところどころに変化があり、より充実した内容になっており、イルカのジャンプの高さも、いつの間にか以前よりも高く飛べていることに驚きです。

京都水族館のパフォーマー

 パフォーマーの楽(ラクゥ)やトレーナーさんの笑顔は変わらず素敵です

京都水族館のパフォーマー

 笛(プー)を使った観客とイルカ達とのセッションも8回連続や新しいバリエーションが増えて、より楽しくなっています。

イルカショーにゲスト出演するペンギン

 今回のゲストペンギンは石の運び屋と言われる男の子ペンギンの『たこ』です。
このちょっととぼけた表情が何ともいえず可愛いです(^^

イルカショーにゲスト出演するペンギン

 新しいイルカLIVE聞いて音(ネ)には、後ろの人でもゲストペンギンが見えるように、ペンギンのお立ち台が用意されるようになりました!
『たこ』はこの日初めてお立ち台に乗るようですが、このシーンでも変わらずとぼけた表情です。

イルカショーにゲスト出演するペンギン

 と思いきや、お立ち台が濡れていたので、ちょっとすべったり・・(^^;

イルカショーにゲスト出演するペンギン

 ちなみに『たこ』の羽は中央に寄っていて、頭を見ると人間でいうクセ毛のようになっています。
まっすぐにしてもすぐに同じ向きに戻ってしまうのだとか・・

ウリクラゲ

 クラゲゾーンに行くと、展示されているクラゲが1種類入れ替わっていました。
今回入れ替わっているのは、ウリの形をした『ウリクラゲ』です。

ウリクラゲ

 このウリクラゲ、隣のカブトクラゲと同じく虹色に発光します。
とても綺麗なので、ぜひじっくりと見てほしいです。

梅小路公園

 ペンギンゾーンに行く手前の手すりの間から見えるペンギンが1羽・・。

梅小路公園

 これは京都水族館の外(梅小路公園)のイルミネーションのアーチに設けられたペンギンの人形です。

イルカスペシャルタイム

 そうこうしていると、イルカナイトパフォーマンス(イルカスペシャルタイム!)が始まる時間になりました。

イルカスペシャルタイム

 「イルカスペシャルタイム!」は「イルカナイトパフォーマンス」と比べるとオープニングと終盤の局が変わっていたり、トレーナーさんの登場方法が変わっていたり・・と少し以前と変わっていますが、10分間のパフォーマンス中心の充実した内容でした。

サブコンテンツ