京都水族館のダイオウグソクムシ

※この記事は3分くらいで読めます公開日:2014年12月03日
更新日:2015年01月25日

京都水族館のダイオウグソクムシ

 世界最大の等脚類といわれる『ダイオウグソクムシ』は、ここ京都水族館にも展示されています。断食していたダイオウグソクムシによって、一気に知名度を上げたことは記憶に新しいと思います。普段深海に住んでいて、見ることが出来ないこの珍しい生き物、じっくりと見て下さい(^^

ダイオウグソクムシがいる海洋ゾーン

イルカスタジアムのマップ

 京都水族館のダイオウグソクムシは、クラゲやタコ、カニがいる海洋ゾーンに展示されています。
※ マップをクリックでパンフレットのスキャン画像を表示

想像以上に大きいダイオウグソクムシ

京都水族館のダイオウグソクムシ

暗闇の中に・・

 鳥羽水族館で5年以上絶食して息絶えたニュースが記憶に新しいダイオウグソクムシですが、ここ京都水族館にも展示されています。
 クラゲやタコ、カニなどがいる海洋ゾーンの暗い証明の中で、独特の存在感を漂わせており、その珍しさから水槽の周りに人だかりが出来ている光景もしばしば見かけます。

京都水族館のダイオウグソクムシ

 近くで見てみると想像以上に大きくて20~30cmくらいはありそうです。普段はほとんど動くことはありませんが、匂いを嗅ぎつけた時などは速く動くそうです。
 ちなみにこのダイオウグソクムシ君、フナムシやダンゴ虫などと同じ等脚目で世界最大です。エビやカニと同じく甲殻類の一種でもあります。

ダイオウグソクムシのお土産

水族館2階限定のお土産

 京都水族館のお土産ショップは水族館1階の出口にありますが、2階のハーヴェストカフェ入り口付近にもお土産を販売しています。ここでは2階限定の商品もあり、ダイオウグソクムシは2階限定でいくつも商品があります。『Bathynomus giganteus』とTシャツに書いていますが、ダイオウグソクムシの英語名です(^^;

ダイオウグソクムシのお土産

 ちなみに、こんな大きいぬいぐるみもあります。30cmはありそうな、かなり大きい一品です。
 この不思議な生き物、京都水族館に行った時には、ぜひ見て下さいね。
 ※2015年1月追記:2階のダイオウグソクムシのグッズは1階のミュージアムショップへ移動しました。
あまり売れなかった・・のでしょうか?。゚(゚´Д`゚)゚。

サブコンテンツ