: 3Dプロジェクションマッピング第2弾始まる | 京都水族館チャンネル

3Dプロジェクションマッピング第2弾始まる

※この記事は10分くらいで読めます公開日:2014年11月27日
更新日:2015年06月01日

京都水族館の3Dプロジェクションマッピング

 2014年11月21日に京都水族館では関西の水族館で初となる3Dプロジェクションマッピングが開催され、映像美と各ゾーンで暮らす生きものたちが一体となり大好評となりました。
2015年3月15日まで延長されて終了しましたが、2015年3月21日からは第2弾が始まっています。

【このページの目次】

3Dプロジェクションマッピングの実施ゾーン

京都水族館の3Dプロジェクションマッピング開催場所

 3Dプロジェクションマッピングはオオサンショウウオがいる『京の川ゾーン』、アオウミガメやエイがいる『大水槽』、クラゲがやタコがいる『海洋ゾーン』の3ヶ所で実施されています(3月23日からはペンギンゾーンでも開催)
※ マップをクリックでパンフレットのスキャン画像を表示

太古の時代・過去をテーマにした『京の川ゾーン』

京の川ゾーンの3Dプロジェクションマッピング

入場してすぐのお出迎え

 第1弾と同じく、京の川ゾーンで常時上映しているオオサンショウウオの3Dプロジェクションマッピングです。
基本的に前回と内容は同じですが、入場してすぐの場所での上映のため、テンションも上がります。

京の川ゾーンの3Dプロジェクションマッピング

 映像は常に変化しており、普段はほとんど動かないオオサンショウウオが壁を歩き回ります。
 『京の川ゾーン』での上映は古代3000万年前から今までを生きてきた『生きた化石』と言われているオオサンショウウオから、『太古の時代・過去』をテーマとしています。

京の川ゾーンの3Dプロジェクションマッピング

春らしい桜の演出

 第2弾として写真のような桜の演出が追加されました。
第2弾は3月21日からのスタートのため、ちょうど季節に合った内容となっています。

一新されて常時上映となった『大水槽』

京都水族館の3Dプロジェクションマッピング

 前回は15分に1回、約6分間の上映となっていた大水槽エリアの3Dプロジェクションマッピングは、内容も一新されて今回は常時上映となりました。
今回は『Earth:いのちが息づく場所』をテーマにジンベエザメやシュモクザメといったサメや、リュウグウノツカイなど普段の水族館では見られない生きものたちが登場します。

大水槽の3Dプロジェクションマッピング

大水槽もしっかり見える

 今回の大水槽での上映は、写真のように投射部分を長方形ではなく、一部を曲面にするすることで大水槽本来の見える領域を広く確保しています。
前回は3Dプロジェクションマッピングがメインとなっていましたが、今回は大水槽の生きものたちもしっかりと見えるバランスになっています(^^

大水槽の3Dプロジェクションマッピング

 さらに、映像の投射部分が大水槽の最上部のあたりにも拡大されています。
写真の一番上の方に影があるシュモクザメは3Dプロジェクションマッピングで投射されている映像です(群れで泳いでいるシュモクザメより上の部分)
また大水槽エリアの壁の両側の側面にも投射されるようになりました。

床に投影される3Dプロジェクションマッピング

今回は床にも注目です

 正面のスクリーン映像に目が釘付けになってしまいがちですが、今回は床にも注目です!
映像に合わせて床にも波が投影されるシーンがあり、押したり引いたりする波の様子は海岸にいるような感覚で、うちの子を含めて小さな子たちは凄く楽しそうにしていました。

ウミガメの3Dプロジェクションマッピング

 写真のように小さなウミガメたちが海に帰るシーンもあります。
スクリーンと同時に足元の床に投影されているので、スクリーンを見ている人は気づいていない人も多いですね(^^;
後ろで見ていた大人の人も思わず駆け寄ってしゃがみ込んでしまうほど、惹きつけるものがあります。

大水槽の3Dプロジェクションマッピング

 シーンによっては写真のように床にもジンベエザメが投射されています。
休日に人が多いと気づかないかもしれませんが、2階からだとハッキリ分かります。

大水槽の3Dプロジェクションマッピング

2階からも見られます

 大水槽の3Dプロジェクションマッピングは2階のエリアからも見ることが出来ます。
映像の迫力は1階の方があり、床に投影されるシーンもありますので、基本的には1階がオススメです。
でも2階からも十分見えますので、休日で人が多い時などは2階から見ている人も多いです。
写真の『ヒョウモンダコ』は強力な神経毒を持っている危険なタコで、漫画『テラフォーマーズ』で中国の劉のベースになっているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
また、2014年の7月にNHKのダーウィンが来た!でも猛毒ダコのブルーリングオクトパスとして取り上げられていました。

大水槽の3Dプロジェクションマッピング

 こちらは今回のメインの1つでもあるリュウグウノツカイです。最大で10m近くの大きさにもなる深海魚で、今回の3Dプロジェクションマッピングでは(最大の大きさでの)実物大での投影となっています。
こんな姿で深海を泳いでいるのかも・・と想像すると凄いですね(^^

サメが襲いかかってくるシーン

ちょっとドキドキのシーンも

 今回は映画のJAWSさながらに、写真のようにサメが襲ってくるシーンもあります。
映像のエフェクトも趣向を凝らしており、ちょっとドキドキするところもあり良かったです。

大水槽の3Dプロジェクションマッピング

 2階から見ると、床への波の投影やウミガメが帰っていく様子もハッキリ見ることができます。
でも休日に人が多いと、投影が人に被ってしまうため、写真のようには見えないです(^^;
時間があれば1階と2階で、両方ゆっくりと見るのがオススメです。

ペンギン達も興味津々の『ペンギンゾーン』

ペンギンゾーンの3Dプロジェクションマッピング

オーロラや京都の街を投影

 ペンギンゾーンでは、3月23日より新しく3Dプロジェクションマッピングが始まりました。
ペンギンゾーンの壁や地面、岩などにオーロラや京都の東寺、清水寺などがカラフルに投影されており、昼間とは違った雰囲気で楽しいです(^^

ペンギンゾーンの3Dプロジェクションマッピング

 3Dプロジェクションマッピングにはペンギン達も興味津々で、2羽で並んで一緒に見ているペンギンや集団で見ている子たちもいます。
飼育環境に変化を与えることで、ペンギンたちの好奇心や警戒心を引き出すことも目的にしているそうで、見ていて凄く可愛いです。

3Dプロジェクションマッピングを見ているペンギンの様子

ペンギン達の反応を見てみよう

 ペンギンゾーンの壁に投影される3Dプロジェクションマッピングをじっと見つめているペンギンの様子です。
じ~っと見つめている後姿も可愛いです。

3Dプロジェクションマッピングを見ているペンギンの様子

 私もしばらく3Dプロジェクションマッピングを見ていましたが、その間ペンギンも同じ位置でずっと見続けていました(^^;

眠そうなペンギン

既に眠そうな子も・・

 7時過ぎになると既に眠そうな子もいて、じ~っと見ていると人間みたいにコックリ、コックリ・・としているペンギンを発見(^^;
腕のバンドをみると男の子ペンギンの「しんまち」でした。
京都水族館生まれで、イルカLiveにも出演しています。

あくびをするペンギン

 さらにじ~っと見ていると、写真のように大きなあくびをして、またうつらうつらしていました。
3Dプロジェクションマッピングを興味津々に見ていたり、一方で寝ていたり・・本当に京都水族館のペンギン達は個性豊かです。

ペンギンゾーンの3Dプロジェクションマッピング

暗くなってからがオススメ

 6月からは日没が遅くなりますので、午後6時45分からの開催となっています。
本格的に3Dプロジェクションマッピングが見えるのは午後7時過ぎからなので、出来るだけ遅い時間がハッキリと見えて綺麗です。

宇宙・未来をテーマにした『海洋ゾーン』

クラゲゾーンの3Dプロジェクションマッピング

綺麗なクラゲと宇宙が調和

 海洋ゾーンでは『宇宙・未来』をテーマとして、まるで宇宙船にいるかのような映像美を演出しています。
 クラゲのいる水槽の淵は宇宙船の窓に変化しており、その中を泳ぐ実際のクラゲは無重力空間に漂っているかのようで美しも不思議な光景です。

クラゲゾーンの3Dプロジェクションマッピング

 第2弾として、日本らしい屏風や桜を投影するなど、新しい内容も加わっています。
京都水族館には常時7種類以上のクラゲが展示されていて、珍しくも美しいクラゲたちはいつも人気があるエリアです。

3Dプロジェクションマッピングの混雑状況

3Dプロジェクションマッピングの混み具合

常時上映のため流動的です

 前回は大水槽のエリアは15分に1回、約6分間の上映のため休日に人が多い時には待つこともありましたが、今回は常時上映となっていますので、3Dプロジェクションマッピングを見るための待ち時間はないと思います。

3Dプロジェクションマッピングの混み具合

 混み具合については流動的で、特にイルカLiveの前後で人の変動が激しいです。
1枚目の写真と2枚目の写真はイルカLiveの前後の様子で、15分しか時間は離れていませんが混み具合は全然違います(2枚目がイルカLiveの後です)
休日にゆっくり見たいときは、イルカLive中がオススメです。

サブコンテンツ
サブコンテンツ